帰ってきた M4

f0078127_971861.jpg


シャッター不良でひと月程前から東京で入院していたM4(ブラックペイント)
ついでにオーバーホールで体調を見てもらった
数か所の要チェック箇所も綺麗に直してもらい“道具”としての現役復活!

外観は傷だらけだけど内側は新品のような感触、
名医「田鹿写真機研究所」にてまた数年間、元気に働くことができるよう治療してもらいました
シャッターを巻きあげた瞬間、そしてシャッターを押した瞬間、
名医田鹿さんに丁寧に修理してもらった感触が伝わってくる

デジタル機器は進化し仕事上ではなくてはならない便利なカメラです
でも被写体を見つめどう撮るかをカメラと相談しながら撮れるのは
私にとってやはりこのLeica M4だと思う
“絞り” “シャッター” “ピント”すべて自分で決めなければならないけれど
そこに内包されている 撮る意味 を意識させてくれるのもこのM4です

スローライフの相棒としてこれからもよろしくね

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://tatumiiro.exblog.jp/tb/15738617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-07-01 20:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photo-t at 2012-07-01 20:54
鍵コメ様、ご返事ありがとうございます
これからもライカへの想い、楽しくおきかせくださいませ^^
Commented by kentilford at 2012-12-04 20:52
初めましてkentilfordと申します。
我が家のM4もオーバーホールを考えているのですが、
田賀さんの所はお幾らでオーバーホールをやられていたんでしょうか?
不躾な質問で申し訳ありません。しかも昔の記事に(猛省)
by photo-t | 2011-03-31 09:35 | Leica M6,M4.M2 | Trackback | Comments(3)

色にこだわり、その日の気持ちをお伝えします(写真の商用使用・禁)