光射す町・ 犬山城下散歩 #5

f0078127_7364290.jpg


よくある勘違い・・・
           「この写真を撮るのにとても苦労してものにした一枚です」
           「通りすがりに感じてなんとなくシャッターを押した写真です」
        どちらも深い感銘を見る側が感じればそれはその人にとっていい写真です
        苦労したという思い入れは撮る側の勝手な努力でしかないはず、

        一枚への想いを誰かに伝える、そのための集中力はとても大事だと思う
        想いを完全に閉じ込めるための苦労は買ってでもしなければいけないと思う
        想いを伝えるための技術取得は怠ってはいけないと思う

        続けることから想いを伝えることができると、・・・信じています

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://tatumiiro.exblog.jp/tb/12747107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by phoogy at 2010-01-31 01:05
トタンの錆錆がいいですね、木の陰がにくい演出ですね、手前の車で生活感をだす、ほんとに写真は引き算の美学ですね^^;
Commented by photo-t at 2010-01-31 10:31
>phoogyさん、おひさしぶり^^
構図は引き算、中身は足し算、このバランスを考えるときは
掛け算かな(笑)
シャッター押す前は、計算ぎらいなので頭の中がぐるぐるしてます
by photo-t | 2010-01-30 07:57 | photo | Trackback | Comments(2)

色にこだわり、その日の気持ちをお伝えします(写真の商用使用・禁)


by photo-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31